2017年活動実績一覧

2/3青年局中央常任委員会

2017-02-06

平成29年2月3日(金)自民党本部において「青年局中央常任委員会」が開催されました。

鈴木青年局長からは鳩サブレの差し入れが、長屋議長からは岐阜のイチゴの手土産がありました。
東海ブロックの幹事県として、会議には多治見市議会議員の吉田企貴常任幹事、瑞浪市議会議員の小川祐輝常任幹事に出席をいただき、平成29年の青年局活動方針や活動内容についての議事に参加していただきました。


また、「衆議院議員比例代表候補者の73歳定年制堅持」の申し入れ書が鈴木青年局長から古屋圭司選対委員長に手交され、全都道府県連青年局の総意としての意見が自民党執行部に投げかけられました。国乱れるとき立ち上がるのは若者であり、歴史の事実です。今や世界の乱れに直面する中で、日本の若き政治家に課せられた使命は大変重いものですが、「自民党には優秀な若き政治家がたくさんいる」と感じる、今回はそんな会議でした。