2015年活動実績一覧

青年局主催 H27.6.7全国一斉街頭演説

2015-06-08

全国約100ヶ所で同日に開催された「青年局全国一斉街頭」が6月7日(日)、岐阜県においても実施されました。

 

古屋代議士③岐阜市古屋代議士・長屋議員(岐阜市)広瀬議員④岐阜市

第1会場 岐阜市12:30~13:30

テーマ「拉致問題の解決と平和安全法制」

第1会場では、長屋光征青年局長の司会のもと、自民党県連会長で前国務大臣の古屋圭司衆議院議員と大野泰正参議院議員が登壇され、また、小原尚県議・県連副幹事長(可児市)、篠田徹県議・県連組織委員長(瑞穂市)、広瀬修県議(岐阜市)、須賀敦士市議(岐阜市)、田中巧市議(関市)、浅野裕俊学生部長の6名も弁士として参加されました。

棚橋代議士②各務原棚橋・武藤代議士(各務原)大野・小原議員②各務原

 

第2会場 各務原市14:00~15:00

商業施設に隣接する道路で街頭活動

第2会場では、横山浩之青年局筆頭次長の司会のもと、自民党幹事長代理の棚橋泰文衆議院議員に駆けつけていただき、また地元の武藤容治衆議院議員、大野泰正参議院議員が登壇され、国会議員3名による豪華な街頭演説となりました。

 

小原議員①各務原篠田議員③各務原山田議員①各務原

 

また、小原尚県議・県連副幹事長(可児市)、篠田徹県議・県連組織委員長(瑞穂市)、加藤大博県議(加茂郡)、山田優県議(羽島市)、田中康久市議(郡上市)、川嶋一生市議・大竹大輔市議(各務原市)に弁士として参加していただきました。

 

私たち若い世代である青年局が「拉致問題の解決と平和安全法制」というテーマに真正面から取り組んでいるのは、日本単独で、また短時間で解決できる問題ではないことを十分認識した上で、それでも尚、国民の生命と平和と安全を守るためには粘り強く、真剣にその思いを繋いでいかなければならないと考えるからです。

戦後一貫して、戦争も徴兵もすることなく平和の道を歩んできた自民党の先人たちの努力や思いを私たちが受け継ぎ、次の世代に平和で安全な国を、そして地域を引き継いでもらいたいと真剣に考えるからです。

 

 

今後とも自民党岐阜県連青年局へのご支援ご指導をお願い申し上げます!!