自由民主党岐阜県連学生部活動規約

第一章 総則

第1条
本学生部は、自由民主党岐阜県支部連合会学生部(以下「学生部」という。)と称し、事務所を自由民主党岐阜県支部連合会(以下「県連」という。)事務局に置く。

第2条
学生部は、学生の政治参加の支援と学生の意見や要望を国政・県政に反映することを目的に組織する。

第3条
学生部は、県連との連携を密に保ちつつ部員を統括する。

第4条
学生部は、学生の政治参加を促し、知識の習得だけにとどまることなく若者らしい考えを発信していく。

第5条
学生部は、部員各々の自主性を重んじて活動する。

第6条
学生部は、学生部長、学生部員、学生役員、顧問及び特別顧問により構成する。

第7条
学生部の運営は、この規約に定めるところによる。

第二章 学生部員

第8条

  1. 学生部は、年齢18歳以上より27歳未満の大学、短大、大学院、専門学校に在籍するもので構成する。
  2. 岐阜県内在住及び、岐阜県内の学校に在籍、もしくは岐阜県内での活動を盛んに行う者とする。

第9条
学生部への入部は、学生部定例会を一度体験し、学生部長が認めたものとする。

第10条
不法行為や組織の規律を乱す行為をした学生部員は、学生部会議で審議し、総学生部員の過半数の同意により罷免される。ただし、県連の命令により罷免されるものはこの規定を適用しない。

第11条
学生部員は、県連規約、学生部規約並びに自由民主党岐阜県支部連合会の決定事項を遵守する。

第三章 役員

第12条
学生部には次の役員を置く。

  • 学生部長 1名
  • 学生部副部長 若干名
  • 学生部事務長 1名
  • 学生部幹事長 1名

第13条
学生部長の選任は、県連会長の任命による。

第14条
学生部副部長と学生部事務長及び学生部幹事長は学生部員の中から選ばなければならない。

第15条
学生部長は、本学生部を代表、統括し会議の最終決定を下す権限を有する。

第16条
学生部副部長は、学生部長を補佐し、学生部活動の推進にあたる。

第17条
学生部事務長は、学生部の円滑なる運営をはかるため事務全般にあたる。

第18条
学生部幹事長は、実務の中心となり活動・企画を執り行う。

第19条
学生部には次の役員を置くことができる。

  • 顧問
  • 特別顧問
  • 広報委員長
  • 企画委員長
  • 運営委員長
  • 遊説委員長
  • 各 副委員長

第20条
顧問は学生部長が選任する。

第21条
特別顧問は、学生部に所属したことがあり、かつ学生部役員を経験した者が就任する。

第22条
学生部の役員の任期は1年間とする。ただし、任期満了後でも、後任者が選任されるまで、その職務を執らなければならない。

第23条
学生部長を除く学生部の役員は、学生部会議にて選出する。

第24条
学生部役員の再任は妨げない。

第四章 学生部会議

第25条
学生部の意思決定最高機関として学生部会議をおく。

第26条
学生部会議は学生部長が執り行う。

第27条
学生部会議は毎月1回以上開催しなければならない。開催できなかった場合は、翌月以降に会議を行うことで、その月の会議を行ったものとみなす。

第28条
学生部会議は、学生部長と学生部員が5名以上出席したことで成り立つ。

第29条
学生部員は定例会に出席しなければならない。万が一欠席する場合は、学生部長、もしくは学生部事務長に連絡しなければならない。

第30条
定例会での議決は、総学生部員の過半数が出席し、出席者の3分の2以上の賛成で決定する。

第五章 会計

第31条
会計年度は毎年1月1日から12月31日までとし、県連に収支を報告する。

第32条
学生部の活動経費は、県連からの助成金および学生部員からの徴収をこれに充てる。

第33条
学生部の予算は、県連予算編成にて決める。

附則

本規約の制定または改正は、学生部会議において行う。