学生部とは

このページにようこそ(*^^)v

自民党学生部でーすっ!!!さて、この団体は一体何なのか?

岐阜県在住の大学生もしくは岐阜県内の大学に通う大学生に
政治とは何かを学ぶ場として2011年6月に設立されました。

サークル感覚で遊んだり、時には真面目に議論したり...。
今しか出来ないことがある。集え大学生!

カンタンに言えばこんな感じ!詳しくは僕らの日記をご覧下さい!

学生メンバーの声↓

【自民党】って聞くと何だか「かてーなぁ」とか「宗教くさい」とか「まじめで勉強できんだろ」とか思ったそこのあなた!それこそ間違いですよ!若いうちはまず自分の目でちょーっと見てみませんか?ちょっとの興味を行動に移してみませんかー?

これは2012年2月の定例会のあとのようすです!

武藤ようじ第三選挙区支部長と学生部10人です!!(2012年7月現在は11人で活動中)

政治に興味がなくてもいいんです。最初はみんなそうなんです。特段政治に詳しいやつなんて1人もいないし、自民党支持を強制されたりもしません。マインドの強いおとなたちと関われる、それだけで財産なんだ、と。そんなスタンス!!

ツイッターアカウントです!是非フォローしてください♪⇒@jimingifustuden

―自由民主党岐阜県連学生部における活動理念(文:学生部長 佐藤幸太)―

自由民主党岐阜県連学生部に興味を持ち、そしてホームページを見て頂きまして、誠に感謝申し上げます。

ここでは我々、岐阜県連学生部の理念・軸を述べさせて頂きます。

「楽しく、政治に触れようぜ! 集え大学生!」

ひとことで申し上げますとこれを活動の軸とさせて頂いております。

昨年度立ち上げより、学生代表、そして学生部長であります佐藤幸太が感じていた政治に対する多くの若い人の感覚、それは「興味がない」「難しそう」「わからない」といった非常にネガティブなものでございました。

立ち上がる際の私自身もその例には漏れていなかったと言えるでしょう。 正直なところ政党の違いや、政治に関する意識は非常に乏しいものでした。 だからこそ活動を始め1年あまりが経つ現在、「地方こそ原点」や「自助・共助・公助」の政治哲学を学べていること、そしてその哲学を掲げる政治家との出会いを得ることが出来たことに非常に感謝しております。

ではそんな私がこのような場に恵まれたきっかけは何か?そして要因は何か?

そう問われますと、やはりそれは「入口の広さ」、「敷居の低さ」にあったように強く思います。

多くの学生にとって「楽しいこと」「気軽であること」といった点は重要なことではないでしょうか?

そしてそこで「良かったな」と思えることに対しては、新たな挑戦と向上を惜しまない、そう信じております。

私は設立して1年あまりのこの学生部の入り口を自民党の組織史上最も広くし、その先で部員が青春や学びを多々得られるものとしていきたい。 高齢化が嘆かれる自民党により多くの若い感性の風を吹かせる、そのために掲げたこの理念のもと活動して参りたいと思っております。どうぞ、学生部に興味を持って頂いた皆様方におかれましては今後ともご指導頂けると幸いに存じます。