学生部全国研修会

5月20日(土)に自民党本部で学生部全国研修会が開催されました。

午前の部では、まず初めに内閣官房副長官、萩生田光一衆議院議員によるご講演を聞きました。

現在の自民党の政策や取り組み、普段の活動内容や議員になった経緯等が聞けました。

次に日本体育大学保健医療学部の小川理郎教授と鈴木健介助教のご講演では、

倒れた人が出たときの対応の仕方や専門の人が到着するまでに自分たちができることなど、

緊急医療の重要性について学ぶことができました。

午後は、小林史明青年局長代理、滝波宏文青年局長代理、田畑裕明学生部長の3名が駆けつけていただき、

グループワークを行いました。

「テクノロジー(IT)と政治」「エネルギー政策」「若者の活躍と働き方」をテーマにそれぞれ各班で話し合いをしました。

「テクノロジー(IT)と政治」のグループで話し合いをし、「現在様々なものがコンピューター化され、将来的にAIが発達

し、人間の仕事が少なくなるが、それに対してに人間は何ができるか、そういった政策が必要になってくるかなどを議論し、

発表をしました。

これからの自分たちの将来を考えるとてもいい機会になりました。