政策活動

自民党岐阜県連は、国政、県政における重要課題について、各界、各層からの要望及び意見を反映させるべく、努力を重ねています。

わが国の景気・経済は未だに回復に至っていません。

安心で豊かな福祉社会と健全で活力ある経済の実現に向け、地方の活性化につながる施策について早急に取り組むよう訴えていきます。

平成24年度県予算編成に当たっては、きめ細かな地域経済対策の実施を最優先するとともに、本格的な高齢化社会に向けての社会資本の整備、災害に強いまちづくり、活力ある地域づくり、新たな社会情勢にふさわしい認識に立って、地方分権、行財政改革を進め変化に即応した県政の諸施策を着実に実行し、県民の負託に応えんとするものです。

県予算編成については、各種友好団体連絡協議会、自治連絡協議会、各郡市支部政調会から2128件に及ぶ要望がありました。

このことは、わが党に対する県民の期待と信頼の表れであり、責任の重さを認識しているところです。

わが県連は県当局と連絡を密にして、日本一安全で住みよいふるさと岐阜県の実現を政調会活動の基本として、きめ細かく政策を推進してまいります。