岐阜県議会特別支援教育振興議員連盟総会

7月4日(水)、議会西棟三階の第1会議室において、自民党岐阜県連・県政自民クラブ所属の議員から構成される、「岐阜県議会特別支援教育振興議員連盟」の総会が開催されました。 総会は会長をつとめる猫田県連会長代行の挨拶ではじまり、

・平成30年度活動方針について
・本県における特別支援教育の現状について
・西濃高等特別支援学校(H30.4開校)について

の3点について協議しました。その結果、平成30年度の活動方針は

1.特別支援教育に係る事業について助言・指導
2.特別支援教育の活動全般にわたる支援
3.国、県、市町村、そして関係機関相互の連携の推進

となりました。「本県における特別支援教育の現状について」、「西濃高等特別支援学校((H30.4開校)について」は、 内木副教育長の挨拶の後、松原特別支援教育課長より詳しい説明を受けました。当議員連盟では、9月21日に羽島特別支援学校の現地視察を予定しています。