県連遊説部9月街頭活動[5区・恵那市]

9 月18日(月)敬老の日、恵那市(5区)のJR恵那駅前、ハムショップ瀬木さんの駐車場において遊説部の街頭活動を実施しました。自民党恵那市支部の幹事長、柘植羌氏(恵那市議会議員)の司会で始まり、最初に第5選挙区支部長の古屋圭司衆議院議員がマイクを握りました。古屋議員は国際情勢、経済情勢と雇用について、年金問題、リニア中津川駅開業による地元の経済効果などをわかり易く丁寧に語りかけ、次いで県連広報委員長をつとめる水野正敏県議会議員が岐阜県連の遊説活動についての趣旨説明、県政報告、県と国の連携についてなどについてを語りかけました。古屋議員、水野議員共に恵那市出身であり、地元駅前での久々の街頭演説となりましたが、行き交う車の中からも議員らの姿を見つけて手を振り応援して下さる方が多くあり、励まされました。

     
  司会担当・柘植羌市議会議員     古屋圭司衆議院議員     水野正敏県議会議員