農協青年部との意見交換会【H29.3.7】

3月7日(火)岐阜県農協青年部連絡協議会と自民党岐阜県連青年局との意見交換会が行われました。県連青年局からは長屋光征青年局長、加藤大博・国枝慎太郎青年局長代理、広瀬修顧問、戸﨑明常任幹事、そして渡辺猛之参議院議員の代理として大東秘書が参加しました。農協青年部からは県内の各JA青年部代表15名の参加をいただきました。
毎年定例となった意見交換会ですが、国や県の農業政策や環境の変化が、地域の抱える問題や実情にダイレクトに影響していることを農協青年部のみなさんの発言から感じました。担い手不足や相続(事業継承)など日本の全産業が今抱える構造的な問題から農地集積に見られる地域格差の問題など課題は山積していますが、真摯に前向きに農業に取り組んでいる若手経営者のみなさんに希望も感じました。今後も意見交換を重ね、岐阜県の未来を担う同じ世代として、ともに力を合わせて行く事を確認できた有意義な会となりました。