青年局中央常任委員会【H29.2.6】

【青年局中央常任委員会】

2月3日(金)自民党本部において青年局中央常任委員会が開催されました。

中央常任委員会の議長として長屋光征県連青年局長が、そして、東海ブロック

幹事県の中央常任委員代理として、多治見市議会議員の吉田企貴常任幹事、

瑞浪市議会議員の小川祐輝常任幹事に出席をいただき、平成29年の青年局

活動方針や活動内容についての議事に参加していただきました。

 

 

 

 

 

会議では、「衆議院議員比例代表候補者の73歳定年制堅持」の申し入れ書が

鈴木青年局長から古屋圭司選対委員長に手交され、全都道府県連青年局の総

意としての意見が自民党執行部に投げかけられました。