ぎふ政治塾東京研修【H28.4.15~4.16】

第一日目(15日)

講師:金子一義 衆議院議員     テーマ「最近の住宅政策について」

議員会館見学・首相官邸見学

講師:石破 茂 地方創生担当大臣  テーマ「地方創生」

第二日目(16日)

党本部見学・靖国神社昇殿参拝

講師:平沢 勝栄 衆議院議員    テーマ「時局講演」

党史

4月15日(金)、16日(土)に、自民党本部で岐阜県と三重県の政治塾の合同東京研修が開催され、

1泊2日の日程で全3講座を受講しました。

初日は、2講座を受講、第一講座に岐阜県第四選挙区選出の金子一義衆議院議員、

その後、議員会館と首相官邸を見学し、第二講座に石破茂地方創生担当大臣を講師にお迎えし、ご講義を賜りました。

金子一義衆議院議員の講義では、「最近の住宅政策について」と題してご講演いただきました。

少子高齢化や世帯数の減少により空き家が増加しています。

また、若い世代の家賃や住宅にかかる負担が多いため生活が苦しくなっている現状もあります。

こうした状況の中、空き家をなくすためにリフォームを行うことで安く良質な住宅を提供することができるようになります。

金子先生の用意いただいた資料では、リフォームする事により住宅の資産価値が上昇することがわかりました。

しかし、中古住宅のイメージはあまりいいものではありません。

このイメージを市場で評価される良質なリフォーム住宅を供給していくことで変えていく必要があります。

こうした取り組みにより、これまでの住宅にかかる費用を軽減し、

その分を消費に回して若年世代・子育て世代を支援していくということが理解できました。

議員会館訪問では、武藤容治衆議院議員の事務所と渡辺猛之参議院議員の事務所を訪問しました。

衆議院会館では、最上階より国会議事堂や東京の街を一望することができました。

渡辺事務所では渡辺猛之ぎふ政治塾塾長・参議院議員にお出迎えいただき、

研修についての話など短い時間でしたが意見交換をすることができました。

首相官邸見学では、説明をしていただきながら、普段テレビで見ている場所を見学し、

写真撮影をさせていただくなど大変有意義な時間となりました。

金子一義衆議院議員  渡辺猛之塾長と  首相官邸見学
 金子一義衆議院議員 渡辺猛之事務所にて  首相官邸見学

石破茂地方創生担当大臣の講義では、「地方創生」と題してご講演いただきました。

冒頭に現在行われている衆議院議員北海道5区補欠選挙についての情勢や、

夏に行われる参議院議員選挙との関連などについてお話いただき、

慎重に見極め参議院選挙では確実に議席を獲得しなければならないということを確認しました。

地方創生について、このままの出生率・死亡率で推移した場合には

人口減少はさらに進み100年後には今の人口の半分になってしまいます。

「領土問題などで戦争が起こることだけが有事ではなく、

人口減少が進んで国がなくなることも有事である」と話され、

それぞれの地域が課題を把握し、どのような対策すればいいのかを考えることの重要性を感じました。

RESASシステムを使用し、経済分析をすることで、

データに基づいて課題を発見し、労働生産性を高めることにつながることがわかりました。

 石破茂大臣 石破茂大臣と
 石破茂地方創生担当大臣

講義終了後には有志で岐阜・三重合同懇親会を開催しました。

他県の塾生と交流を図る機会が設けられ、大変有意義な時間となりました。

初日は密度の濃い内容で、盛況に終わりました。

2日目は、最初に党本部見学を行いました。

熊本地震の対策本部が設置されたことにより、8Fホールのみの見学となりましたが、

昨年にはなかった麻生元総理の絵が飾られており、党職員の方からこれまでの体験談などを聞くことができました。

見学後は第3講座の平沢勝栄衆議院議員の講義を受けました。

待機児童の問題や安保法制・憲法改正、消費税についてなどアベノミクスの課題について話されました。

報道されないことなども交えたお話で、新聞やテレビで見ることとは異なるお話を聞くことができました。

その後、党職員より自民党少史の説明を受けました。

自民党の誕生から現在に至るまでの歴史を学ぶことができ、党についての理解が深まりました。

党本部見学 平沢勝栄衆議院議員 小史
 党本部見学 平沢勝栄衆議院議員 小史