地方の声を中央へ!渡辺猛之参議院議員と意見交換会

こちらは広報委員会掲載記事です。

今月は第1選挙区が担当します。

 

「地方の声を中央へ!渡辺猛之参議院議員と意見交換会」

岐阜市議会で唯一の自民党会派である自民岐阜では

12月初めに渡辺猛之参議院議員を交えての意見交換会を行いました。

自民岐阜は、今年4月の統一地方選挙を経て当選した

自民党所属の岐阜市議会議員合わせて17名で構成する

岐阜市議会で唯一の自民党会派で、定数38の岐阜市議会

では市政をリードする最大の会派です。

岐阜市役所で行われたこの意見交換会では、

初めに渡辺猛之参議院議員から現在の国政の情報と、

来年夏に予定されている参議院議員選挙の

情勢などについて報告がありました。

その後、自民岐阜の市議会議員からTPP交渉の現状についての

認識や、東海環状自動車道西回りルートの早期実現に向けた要望などが

出され、渡辺猛之参議院議員が所見を述べるなど

お互いに活発な意見交換がなされました。

多くの地方議員が市民の生の声を聞き、それを国政に反映させることが

自民党の強みであり、今後も自民岐阜では市民の声を生かした市政運営を

心がけていきます。

 DSC_0133① DSC_0134②