心ひとつに「地方創生」自由民主党岐阜市支部第3ブロック党員結集大会開催!

こちらは広報委員会掲載記事です。

今月は第1選挙区が担当します。

 

自民党岐阜市支部は、6月21日に第3ブロック党員結集大会を開きました。

これは県庁所在地である岐阜市での党勢拡大を図るとともに、第3ブロックに

当たる岐阜市南部の発展を目指して開かれました。

会場のJAぎふ市橋支店には100人を超える党員が詰めかけ、

その党員の生の声を聞こうと、野田聖子衆議院議員、渡辺猛之参議院議員、

大野泰正参議院議員、また4月の統一地方選挙で初当選した広瀬修県議会議員が来賓として出席しました。

野田聖子衆議院議員は「党が掲げる地方創生の為には、自民党員・自民党選出の岐阜市議会議員、

県議会議員、国会議員が一体となって取り組んでいかなければならない。

皆様のご意見を伺いながら力を結集し、住みよいまちづくりを進めていきましょう」と呼びかけました。

大会ではその後「・国道21号岐大バイパス立体化の早期実現・衆議院小選挙区の区割りにおいて

柳津地域の3区から1区への変更によるねじれ解消・自民党の党勢拡大に向け、

党員の拡大を図る・名鉄高架事業等、広く南部地域の発展を考えるにあたり

隣接する第4ブロックと期成同盟を立ち上げる」との決議文が読み上げられ、

賛成多数で可決されました。

党員の生の声を生かすためにも、今後必要に応じてこのような大会を開催する方針です。

 2015062115410000