第81回自由民主党大会【H26.1.19】

第81回自由民主党大会が1月19日(日)10時から東京グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールにて開催され、

党衆参国会議員、選挙区支部長、47都道府県連代表のほか、被表彰者、来賓など3,300人が出席しました。

県連からは青年局長の長屋光征県議会議員が大会の議長団として大会運営に加わりました。(昨年は女性部長の松本紀史高山市議会議員が議長団として参加)

大会では開会宣言の後、歌手の松崎しげる氏の国歌斉唱で始まり。

その後、党務報告が行われ、続いて優秀党員・組織などの表彰がされました。

当県連からは7名の党員の方が優秀党員として、優秀党組織として岐阜県連支部、瑞浪市支部、県宅建支部の3支部、友好団体としては岐阜県建設業協会、協力者として白橋國弘(元県議会議員)氏が表彰を受けました。

大会では議事に続いて、安倍総裁と石破幹事長の演説が行われ、溝手顕正参議院議員会長による日本国・自由民主党万歳にて閉会しました。

今年還暦を迎える安倍総裁は、演説の中で、「日本が世界の真ん中で輝く1年に」と抱負を述べると共に、「今年は女性が輝く年にしたいと」力強く約束されました。

また、「大きな障害を力強くひらりと乗り越える駿馬のように難しい課題にも果敢に挑戦する」と述べる一方、強い経済を取り戻し「全国津々浦々まで景気回復の実感を届ける事が我が党の使命」と訴えました。

 

 

安倍総裁 石破幹事長 長屋県議 党大会 議長席
松崎しげる 党大会司会者 受賞者の皆さん 対談