谷垣禎一総裁 時局講演会(H24.3.25)

3月25日、岐阜市の長良川国際会議場において、

谷垣禎一自民党総裁をお招きし時局講演会を開催しました。

県内各地から1400名もの方々が参加し、

谷垣総裁の話を皆さんが熱心に聞かれていました。

谷垣総裁は、「日本政治の針路と課題」を演題として

民主党内でまとまらない消費税のことや、

なかなか進まない被災地のがれき処理について、

違憲状態の衆議員選挙区のことや、

世間の注目を集めている維新の会についても触れられました。

原発については、これまで自民党が安全だと推し進めてきたことであるとし、

強く反省しなくてはいけないとも言われました。

谷垣総裁の国を思う真摯な態度と誠実な人柄が伝わる講演会となりました。(動画をアップしました → 動画配信部

 

 また、谷垣総裁の講演に先立ち、

県選出国会議員と選挙区支部長が国政への思いを話されました。

 
   

 最後は参加者全員によるがんばろう三唱で結束を誓いました。