H24.1.21 全国女性部(局)長・代表者会議

平成24年1月21日(土)13時より党本部にて、

全国女性部(局)長・代表者会議が行われました。

岐阜県からは、自民党県連の井上保子女性部副部長、森 弓子女性部副部長、

松葉綮子女性部副部長、田代昌代郡上市支部女性部長と事務局1名が参加しました。

2部構成で行われ、1部では平成23年女性部活動報告や

平成24年女性部活動方針(案)について協議しました。

 平成23年度に女性部の活動が活発に行われていた神奈川県、福井県、

佐賀県による活動報告を聞き、岐阜県も今まで以上に女性部の活動を活発にしていこうと、

他県の活動を参考に平成24年度の活動に生かしていきます。

第2部では、日本体育大学水球チーム総監督・医学博士の清原伸彦(同大学名誉教授)による記念講演が行われました。

「勝つためにどうやって人を育てるか」という演題で話をされ、 

母親として子供の能力の伸ばし方。学力、運動など、成績・技術の向上など教育のあり方を学びました。

子供の将来を考えて、能力以上のものを要求していくのではなく、

能力に合わせた指導をしていくことが、子供たちのやる気、成功につながる。

「やれるんだ!」と思ての失敗は取り戻せるが、

そうでない失敗は壁にぶつかりやる気をなくすだけだ。

伸びる子に育てるには・・・と、自分たちの教育の仕方も見直しが必要だといい勉強になりました。

同日、自民党のために活発に活動されてきた、

各県の女性部優秀党員が女性部長表彰をうけました。

岐阜県からは、岐阜市支部女性部副部長の宮崎典子さんが表彰されました。

当日は、残念ながら出席できませんでした。

これからも自民党のために女性部一丸となり頑張ります。

 

       

 同日、15時30分から「青年部・青年局、女性部合同全国大会」を2部構成で行い、

平成24年度の活動方針を協議しました。

①東日本の復興・復旧 ②ハッピーオレンジ運動の継続 ③ひとり1女性党員獲得 など

いくつかの柱を目標に、取り組んでいきます。

岐阜県連女性部もいろいろ活動を予定していますので、

HP等を確認しぜひ、ご参加ください。